無借金のための手引き書

借金がいくらあるかわからなくなったときの確認方法

いろいろな銀行やクレジットカード会社、消費者金融からお金を借りている場合、借金がどこからいくらあるかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。

でも、借金がいくらあるのかわからないと、返済計画も立てづらいしいろいろ不便ですよね。

ここでは、比較的簡単な手続きで借金がいくらあるかを確認する方法を紹介していきます。

インフレになると借金が減る?借金は油断せずに返済しよう

2012年から開始された「アベノミクス」と呼ばれる経済政策によって、日本はインフレに向かってきています。

「インフレになると借金の返済は簡単になる」と聞いたことがある人もいるかもしれませんが、それは本当なのでしょうか。

ここでは、インフレと借金の関係について説明し、インフレで借金の返済が本当に楽になるのか、自分たちはどうしていくべきなのかを考えていきます。

借金でうつ病になった人に絶対読んでほしい2つのポイント

借金の問題が重すぎて、うつ病になってしまう人というのは少なくありません。

また、借金を抱えている状態で、仕事のストレスなど他の要因によってうつ病になる人も多くいます。

ここでは、まずうつ病の人が借金を苦にして自殺する必要はないということを力説したうえで、病院で治療を受けるときのポイントについてまとめていきます。

借金する人はみんな嘘つき?いい借金と悪い借金を見分けよう

借金というととにかく悪いイメージがあって、中には「借金する人はみんな嘘つきだ」という極端な意見まであります。

銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった会社から借金をする人の中には、確かに悪い借金をする人もいますが、家族や知人に迷惑をかけずに足りないお金をカバーするためのいい借金をする人もいます。

ここでは、いい借金と悪い借金の見分け方を説明していきます。

借金のことを打ち明けるべきなのはどんなとき?

借金の話は、たとえ家族であっても打ち明けるのが嫌だという人はたくさんいるでしょう。

借金のことを打ち明けると、軽蔑されたり離婚されたりするリスクもあります。

しかし、借金の内緒にしておけず打ち明ける必要があるシーンも中にはあります。

ここでは、どんなときは借金のことを内緒にできて、どんなときは打ち明ける必要があるのかをまとめていきます。

借金で運気が上がる!?逆境で金運アップする理由とは

借金をしていると、「自分は今マイナスの環境にいる」「自分はなんてダメなんだろう」「どうして自分ばかり苦労するのだろう」という、嫌な気持ちを味わうことも多いでしょう。

しかし、そうしたつらい状況に放り込まれていることで、あなたの運気は確実に上がっています。

ここでは、借金をすることで特に上がりやすい、対人の運気・仕事の運気・逆境の運気についてまとめていきます。

個人間の借金でも裁判に訴えることはできる!

個人間のお金の貸し借りでも、裁判に訴えることはできます。

その代わり、裁判に訴えるとなると、返済期限をはっきり決め、内容証明郵便を用いて適切な督促を行う必要があります。

また、個人間の借金で裁判に訴える場合は、借金時の契約書もあったほうがよいでしょう。

債務整理の3種類をわかりやすく解説

債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産といった3つの手続きがあります。

借金に苦しむ債務者(お金を借りている側)にとって、借金完済への道筋を立てる上で有効な手段である債務整理ですが、それぞれの手続きにメリット、デメリットがあるため、ご自身に向いている手続きについて、悩まれる方も少なくないでしょう。

そこで今回は、債務整理の手続き、任意整理、個人再生、自己破産、それぞれの特徴やメリットやデメリットをご紹介します。

債務整理とはどんな手続き?

「借金が返済しきれない」「ヤミ金融からの取り立てで精神的にまいっている」そんな借金問題に悩む方を救うのが、債務整理です。債務整理とは、借金を減額したり、ゼロにしたりするために法律で認められた手続きのこと。借金に苦しんでいる方なら誰でも利用することができ、「任意整理」「個人再生」「自己破産」「過払い金請求」という4つの中から自分に合った債務整理方法を選ぶことで、借金生活から抜け出すことが可能です。

自己破産で失うものとは?

「自己破産」と聞くと悪いイメージが思い浮かびませんか。一文無しになる。絶対にしたくない。自己破産をしたらもう人生終わりだ。と、失うものが大きすぎるイメージがあり、かたくなに拒否する人もいるかもしれません。しかし、本当にそうでしょうか。債務整理の中でも自己破産は、悪い印象こそを与えていますが、借金をすべてリセットし、再スタートできるように新たな道を作ってくれる国の救済制度です。万が一、失うものがあったとしてもこの制度のお陰で救われた人たちは大勢います。ネガティブなイメージばかりが先行してしまうと、次のステップには進めません。こうしている間にも借金は、増え続けていきます。自己破産をして、一体何を失ってしまうのか。が分かれば、少しハードルが下がり、決断しやすくなるでしょう。ここでは、自己破産で失うものは何か?を解説していきます。