無借金のための手引き書

任意整理をするとカードが使えなくなる!2つの対策も紹介

「任意整理をすることの最大のデメリットはクレジットカードが使えなくなること」という情報は、目にしたことがある人が多いと思います。
任意整理後は確かにクレジットカードが使えなくなりますが、2つの対策を取ることで不便さを最小限に抑えることは可能です。
ここでは、任意整理でクレジットカードが使えなくなる仕組みと、カード利用不可の期間にとれる2つの対策について説明していきます。

任意整理後はクレジットカードが使えなくなる

任意整理をすると、会社側から「信用情報機関」という機関へ「この人は任意整理をした」という情報が伝達されます。
信用情報機関とは、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している機関で、クレジットカードの利用状況や債務整理の状況など、お金を貸す相手の返済能力をチェックするための情報を集めています。
会社側から信用情報機関に任意整理の情報が登録されると、その情報は信用情報機関に加盟している会社すべてが見られるようになります。
そのため、どこの会社でも約5年間クレジットカードの作成・利用ができなくなります。

任意整理をする前にクレジットカード払いからの切り替えを

家賃、電気代やガス代などの公共料金、インターネットやスマホの利用料など、毎月の支払いがクレジットカード払いになっている人は、任意整理を開始する前に口座引落などの支払方法に変更しておきましょう。
そうすれば、任意整理でクレジットカードが利用停止になっても、支払いが滞らずに済みます。

任意整理後クレジットカードが使えない期間の味方となる2つのカード

クレジットカードの代わりに支払いで利用できるカードには、デビットカードとプリペイドカードの2種類があります。
デビットカードとは、支払いをすると即時で口座から代金が引き落とされるカードです。
プリペイドカードとは、SUICAやPASMOのようにあらかじめチャージした金額を支払いに利用できるカードです。
どちらもVISAやJCBといったブランドのものがあるので、作っておけばインターネット上での支払いをしたい場合などに便利です。

まとめ

任意整理するとその情報が信用情報機関に登録されるため、どの会社でも約5年間クレジットカードの利用などができなくなります。
毎月の支払いをクレジットカード払いにしている人は、任意整理でクレジットカードが止まると支払いが滞ってしまうので、あらかじめ口座引落などの支払方法に変更しておきましょう。
また、デビットカードやプリペイドカードを作っておくと、インターネット上での支払いなどに利用できて便利です。