無借金のための手引き書

任意整理にかかる費用の金額はいくら?

借金の返済が厳しくて任意整理を検討している人の中には、任意整理にかかる金額が気になるという人がとてもたくさんいると思います。
また、任意整理でどのくらいの金額の借金が完済できるのかも気になるところでしょう。
この記事では、任意整理にかかる費用の金額と、任意整理できる借金の金額が、それぞれいくらぐらいなのかをまとめていきます。

任意整理にかかる費用の金額

任意整理は弁護士や司法書士が会社側と直接交渉する形の債務整理であるため、任意整理にかかる費用の金額は、相手となる会社の数によって変わってきます。
任意整理の金額の相場は1社につき3万円~5万円程度で、任意整理をして実際に減額できた借金の金額によっても変わることがあります。
任意整理を始めると「受任通知」というものが送られるのですが、受任通知を受け取った後は督促をしてはいけないことになっています。
そのため、手続きの完了まで借金の返済が一時的にストップするので、その期間に任意整理の費用を分割払いで支払う形になることが多いです。

任意整理できる借金の金額

任意整理できる借金の金額は、本人がどれくらいの金額を毎月返済に充てられるかによって変わってきます。
任意整理では利息や遅延損害金をカットしたうえで、返済期間を60回程度の長期に設定してもらえます。
ですので、借金の元本を60で割って、その金額が毎月支払えるようなら、任意整理をすることが可能というわけです。
例えば、借金額が120万円なら、毎月の返済額は2万円になりますし、借金額が240万円なら、毎月の返済額は4万円になります。
毎月4万円払っても家計に問題がなければ240万円の借金を任意整理で解決することはできますし、毎月2万円払うのが苦しいなら120万円の借金を任意整理することはできないということです。

まとめ

任意整理にかかる金額は相手となる会社の数によって変わってきますが、相場は1社につき3万円~5万円程度で、実際に減額できた借金の金額によっても変わることが多いです。
なお、任意整理では元本のみを60回払い程度で返済していくことになるため、任意整理で解決できる借金の金額は、毎月の返済に充てられる金額に60をかけた金額までということになります。