無借金のための手引き書

借金がいくらあるかわからなくなったときの確認方法

いろいろな銀行やクレジットカード会社、消費者金融からお金を借りている場合、借金がどこからいくらあるかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。

でも、借金がいくらあるのかわからないと、返済計画も立てづらいしいろいろ不便ですよね。

ここでは、比較的簡単な手続きで借金がいくらあるかを確認する方法を紹介していきます。

借金がいくらあるか調べられる「信用情報機関」とは

信用情報機関とは、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している機関で、借金の返済能力を調べるために、借金の状況やクレジットカードの利用状況といった情報を集めて管理しています。

いわゆる「ブラックリスト」になる情報も管理している信用情報機関ですが、自分の信用情報の開示請求をすれば、自分に今借金がいくらあるかを教えてもらうことが可能です。

信用情報機関で借金がいくらあるか調べる方法

信用情報機関は1つではなく、シー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(JBA/KSC)の3か所信用情報の開示を依頼する必要があります。

CICにはクレジットカード会社や保証会社、JICCには消費者金融、JBAには銀行や信用金庫が加盟していますので、「借金がどこからいくらあるのかわからない」という状況の場合は、念のためすべての信用情報機関に情報の開示を請求したほうがよいでしょう。

CICとJICCは、スマホやインターネットを利用しての開示や郵送・窓口での開示を受け付けています。JBAは郵送のみで信用情報の開示を受け付けています。

窓口での開示には500円、その他の方法での開示には1000円の手数料がかかるので、用意しておきましょう。

まとめ

自分に今借金がいくらあるかわからなくなってしまった場合、信用情報機関に開示請求をすることで、自分の借金の状況を確認することができます。

信用情報機関では、クレジットカードの利用状況や、ローン・キャッシングでの借金の状況などの情報が管理されています。このような借金であれば信用情報機関で確認できるというわけです。

信用情報機関には、クレジットカード会社などが加盟しているCIC、消費者金融などが加盟しているJICC、銀行などが加盟しているJBA/KSCの3種類がありますので、念のため3か所ともに開示請求をしておいたほうがよいでしょう。

なお、窓口での開示には500円、インターネットや郵送での開示には1000円の手数料がかかります。