無借金のための手引き書

任意整理で借金を完済したい人が読む2つのポイント

返しきれない借金を完済したい人にとって、利息・遅延損害金のカットや返済期間の延長を実現できる任意整理は、強い味方となってくれる債務整理です。
ここでは、任意整理をするとどのようにして借金完済に近付けるのかを説明した上で、任意整理の開始から借金完済までの流れをまとめていきます。

任意整理では利息・遅延損害金カットと返済期間の延長で完済に近付ける

任意整理とは、弁護士や司法書士に自分の代理人となってもらい、お金を借りた会社と直接交渉することで、利息や遅延損害金を0円にしてもらったり、返済期間を60回払いなどの長期に変更してもらったりできる債務整理です。
例えば、三菱東京UFJ銀行のカードローンで70万円、エポスカードで40万円、プロミスで60万円の合計170万円を借金している人の場合、毎月の返済額は6万円を超えることもしばしばあり、生活が圧迫されてしまいます。
しかし、任意整理をすると50万円以上あった利息を0円にすることができ、返済期間が60回払いなら毎月の返済額は3万円以下まで抑えられます。
さらに、遅延損害金も0円にしてもらえることがほとんどなので、既に滞納してしまっている人にとっても救済策になります。
このようにして返済の負担を減らすことで、無理のない返済プランを実現できるのが、人整理のメリットだといえるでしょう。

任意整理の手続き開始から完済までの流れ

弁護士などに任意整理を依頼すると、まず「受任通知」というものが会社側に送られます。
受任通知を受け取った後は取り立てをしてはいけないことになっているので、受任通知の送付後から任意整理の手続き完了までは、借金の返済が一時的にストップします。
この期間に弁護士などの費用を支払い、実際の借金返済のための積み立てをしておくことが可能です。
なお、受任通知の送付後はすべて弁護士などにお任せにしてOKで、本人がやらなければならないことはほとんどありません。
手続きが完了したら、任意整理で和解した条件に基づいて返済を行えば、借金を完済できます。

まとめ

任意整理をすると、利息や遅延損害金を全額カットしてもらったり、返済期間を60回払い程度の長期に延長してもらったりすることで、返済の負担を軽くすることができます。
任意整理を開始すると「受任通知」が送られて督促がストップするので、その期間に任意整理の費用を支払い、返済のための積み立てを行います。
任意整理の手続きが終わったら、和解した条件で返済を行い、借金の完済を目指すことになります。