無借金のための手引き書

任意整理後に借入したくなったら読む3つのポイント

任意整理をした後でも、お金が必要になって「借入をしたい」と思うことがあるかもしれません。
任意整理をすると信用情報機関に情報が登録されてブラックリストになり、新規での借入は基本的にはできなくなります。
また、せっかく任意整理で借金完済を目指せるようになったのなら、再び借金をするのはできるだけ避けるべきです。
それでもどうしても借入しなければならない場合は、公的な制度を利用することが可能です。

任意整理するとブラックリストに載るので借入ができなくなる

任意整理をすると、約5年の間、銀行・クレジットカード会社・消費者金融が加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が登録され、「ブラックリスト」と呼ばれる状態になります。
ブラックリスト中は、ローンやキャッシングなどを利用して新規で借金をすることができません。
ブラックリスト中でも積極的に「お金を貸しますよ」と言ってくる会社は違法な業者である「ヤミ金」であることがほとんどなので、誘いに乗ってしまうと法外な利息や違法な取り立ての被害に遭ってしまいます。

任意整理後は借入が本当に必要かよく考えて

任意整理をした後にお金が必要になって借入をしたいと思ったら、まずその借入が本当に必要なものなのかをよく考えてみましょう。
例えば、生活費が足りなくなったという場合、まずはコンビニを使わずスーパーで買い物をするなどの節約を考えるべきです。
それでもお金が足りないなら、任意整理の返済が終わっていない借金を自己破産や個人再生といった方法で整理しなおすことも検討したほうがよいでしょう。

任意整理後に借入したいなら生活福祉資金貸付制度を使おう

任意整理後にどうしてもお金が必要な場合は、都道府県の「社会福祉協議会」が提供している「生活福祉資金貸付制度」を利用してお金を借りることができます。
生活福祉資金貸付制度では、「総合支援資金」や「緊急小口資金」といった貸付を行っているので、利用したい人は市区町村役場で相談しましょう。

まとめ

任意整理をすると信用情報機関に登録されてブラックリストの状態になり、約5年間、新規での借入ができなくなります。
任意整理後に借入をしたいと思ったら、本当に必要な借入なのかよく考えてください。
どうしても借入が避けられない場合、公的機関である「社会福祉協議会」が提供している「生活福祉資金貸付制度」を利用して借入をするようにしましょう。