無借金のための手引き書

債務整理とはどんな手続き?

「借金が返済しきれない」「ヤミ金融からの取り立てで精神的にまいっている」そんな借金問題に悩む方を救うのが、債務整理です。債務整理とは、借金を減額したり、ゼロにしたりするために法律で認められた手続きのこと。借金に苦しんでいる方なら誰でも利用することができ、「任意整理」「個人再生」「自己破産」「過払い金請求」という4つの中から自分に合った債務整理方法を選ぶことで、借金生活から抜け出すことが可能です。

債務整理における「任意整理」の特徴

任意整理とは、消費者金融などの貸金業者(債権者)と、借金返済額の減額や支払う利息のカット、返済期間の延長などについて交渉を行う債務整理手続きの方法です。債権者と合意ができれば、生活に支障がない範囲内で無理なく借金返済ができるようになります。裁判所を通さず交渉できるため、手続きが簡単で誰にでも利用しやすい方法です。任意整理のメリットは、住宅やローン付きの自動車を手元に残せる、保証人に迷惑をかけないなどといった点。ただし借金の元本そのものが減らないというのがデメリットです。

債務整理における「個人再生」の特徴

信個人再生とは、「民事再生法」という法的な債務整理手続きの方法で、裁判所に現在の借金返済が困難だということを申し立て、認めてもらうことで借金を元本ごと3分の1から5分の1程度まで減額してもらうことが可能です。たとえば1000万円の借り入れなら、200万円まで減額してもらうことができます。基本的に対象となるのはすべての借金ですが、住宅ローンのみ対象から外すことも可能。そのため住宅ローンを滞納していたとしても、家を残しながら借金だけを減らすことができるのがメリットです。

債務整理における「自己破産」の特徴

自己破産とは、裁判所に申し立てを行い、財産がないため借金の返済ができないということを認めてもらった上で、すべての借金をゼロにしてもらう債務整理手続きの方法です。返済しきれないほど高額な借金を背負っていても、それがすべて合法的に返済しなくてよくなるのが大きなメリット。デメリットとしては、住宅や自動車など20万円を超える財産は手放す必要があること、警備員や保険外務員などの一定の職業に就けなくなることなどが挙げられます。

債務整理における「過払い金請求」の特徴

本来であれば支払う必要のなかったお金を貸金業者に払っていた場合に、そのお金を返還してもらえるよう請求する手続きのことを過払い金請求と言います。

まとめ

借金を抱えて苦しんでいる方は、弁護士に相談することで、任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求の中から適切な債務整理の手続きを選択して行ってもらうことができます。債務整理を行えば、借金の減額や免除、支払い猶予の延長、借金の取立停止などができ、借金生活から抜け出すことが可能です。1日でも早く債務整理を行い、再スタートを切りましょう。

三重県で債務整理に強い弁護士はこちら